2012年5月8日火曜日

「精神賠償 福島と同額に」丸森町議会、東電に要求

◇◇◇河北新報より転載です(5月8日)◇◇◇

福島第一原発事故に伴う精神的障害の賠償金をめぐり、宮城県丸森町議会は7日、福島県内23市町村と同じ賠償額とすることなどを求める文書を東京電力に提出した。
 海川正則議長ら前町議16人が、東京の東電本店を訪れ要望した。東電は4月、町に対し妊婦と18歳以下の子どもへの賠償金を1人20万円とする方針を提示。町議会は妊婦と子どもに40万円を支払うなど、23市町村並みの賠償内容を要求した。
 文書ではほかに、町独自の健康調査費用の負担、風評被害を含む産業被害への誠実で迅速な対応も求めた。東電が町議会に回答した後で、町は東電の提示案を受け入れるかどうか判断する。

◇◇◇転載以上◇◇◇

4 件のコメント:

  1. 白石は何やってんですかね?

    返信削除
  2. 同じ福島県との県境なのに、随分対応が違いますね。白石市だって、酪農や畜産、農業の盛んな所なのだから、泣き寝入りせずに市長自ら強い態度にでて欲しいです。

    返信削除
  3. そうなんですよね。こういった賠償のお話も、丸森、県北のお話は聞いたりするのですが、白石市も議員さんや市長が一丸となってお願いしに行ったりしてるのですかね?知事と県南の首長たちが以前東京まで行き要望したことはありましたが・・・それで終わるのではなく地元の畜産、農家さんのためにも強い態度にでて継続してお願いして欲しいです。

    返信削除
  4. 白石大嫌い2012年5月18日 11:33

    丸森ばっかり。
    首長の差でここまで違うんですもんね。
    HPに載ってる市長のエッセイだかなんだか知んないですけど、漫画の話を自信満々に恥ずかしげもなく載せれちゃうんだから、この程度の人ってかんじですよね。

    返信削除