2012年4月5日木曜日

土壌放射能濃度(簡易)測定結果 3

福島第一原発から74kmの畑の土
を2検体測定してきました。

1、外気にさらされていた土1ℓ。






2、事故前から現在までブルーシートに覆われていた完熟堆肥1ℓ。




どちらも事故後1年間放置されたまま
何も手を付けていない状態の土です。

ブルーシートに覆われていた完熟堆肥はもう少し汚染濃度が低いかと期待していましたが、外気にさらされていた土壌と大きな差は見られませんでした。




0 件のコメント:

コメントを投稿