2012年3月6日火曜日

土壌放射能濃度(簡易)測定 1

白石市放射能対策室で土壌放射能濃度の簡易測定をしてきました。
測定には、食品同様色々準備が必要です。
*土の準備
・白石市内の土に限ります。
・これは、あくまでも『個人、または農家の方が作物を作る目的で使用する土に限る』ようです。
・計測に使用する量は1kgですが、少し多めに持っていったほうがいいようです。
・水を多く含んでいる土の場合、正しい計測が出来ないとの事なので、少し乾かしてからと言われました。(乾燥させすぎてカラカラの砂状でも良くないようです)
・雑草や、小石なども取り除いておいたほうがいいと思います。
・測定後の土は、どんなに汚染されていたとしても、自分で持ち帰ります。 
    
*計測の予約
・主に電話での予約になります。0224−25−3720 
詳しい事はhttp://www.city.shiroishi.miyagi.jp/section/taisaku/index.htmlを見てみて下さい。

土の計測時間は10分です。
その場で終わるのを待っていてもいいし、後で取りにくる事も出来ます。

※現在は少し変わったようで、朝土を持参して、午後3時以降に土を引き取りにいくというやり方になったようです。



結果が出た後、食品のようにスペクトルデータは貰えません。
「スペクトルください」と言ってもいただけません。
変わりの紙に手書きで結果が記載されて、これを持ち帰ります。


対策室の方にいくつか質問してきました。*質問 :回答

*なぜ土壌の測定が出来る事をHPに載せないんですか?

:土壌の測定は県がやっているからです。
 農地の基準はあるが、庭土の基準がないのでHPには掲載しません。



*この濃度結構高いですよね

:一応ここに放射線の線量計ベッタリくっつけて、μSvにすると0、2くらい。



*子供達が通う幼稚園や保育園などの砂場もこのくらいの濃度ってことですよね

:bqのものを、なんぼほど取り込んだらっていうことで・・・

*白石市や、対策室は、いまのところ外部被曝のことしか考えてないってことですか?

:そうですね。
 保育園や幼稚園の砂場は0、2だったら子供達が遊んでも大丈夫です。

*スペクトルデータ貰いたいんですけど

:スペクトルデータは、食品のものと違って、プラスマイナスが出してもらえるので、このように別の紙に書いて出してます。
 職員もスペクトルデータについて説明が出来ませんので、灰を測られた方にも出してません。



++++++++++++++++++++++++++++++

この日に計測した土は、白石蔵王駅の近くの震災前から外に置いてあったプランターの土です。
このkgを㎡に換算するには様々な数値が出てきますが、現時点での数値と
チェルノブイリ事故の際の基準と照らし合わせてみると
第三区分 放射線管理エリア 3万7千〜18万5千bq/㎡
に属する値と思われます。


0 件のコメント:

コメントを投稿