2012年2月12日日曜日

「子ども~☆白石」これまでの歩み

「子どもの未来を守ろう☆白石」は、放射能被曝を心配するママたちの繋がりで、10月に会を立ち上げました。それぞれ、小さい子を抱え、中には仕事や介護をしながらと、毎日忙しい中、自分達のできる範囲でマイペースに活動しています。

これまでに、白石市へは3回、宮城県へ1回要望書を提出しました。
白石市にも、放射能対策室が立ち上がり、ようやく様々な対策が取られるようになってきています。
お忙しい中、要望提出の際には話し合いの場を設けて下さったり、少しづつ私たちが要望してきたことも反映され、市の職員の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、市民との協働での取り組みを目指し、子どもたちが安心して暮らせるようになるよう働きかけていきたいと思います。

以下、活動のご報告です。

平成23年11月8日
白石市長へ第1回目要望書提出

平成23年11月28日
白石市長へ第2回目要望書提出

平成24年1月30日
宮城県知事へ第1回目要望書提出

平成24年2月6日
白石市長へ第3回目要望書提出

2 件のコメント:

  1. お世話になっております。
    放射線被曝から子どもを守る会・多賀城です。
    当ブログでも、こちらのHPご紹介させて頂きました。
    子どもは家庭だけにいる訳ではないので、市や県、国の力が必要ですよね。
    一緒に子どもを守っていってくれる人が増えるように、私たちも遅ればせながら声をあげていきたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. こちらこそ。
      お世話になっております。
      ご紹介いただきありがとうございます。
      ぜひ、同じ想いで立ち上げたママ達の会として、これからも力を合わせてよりよい方向に進んでくれるよう、一緒に頑張っていきたいですね。
      これからも宜しくお願いします。

      削除