2012年2月21日火曜日

白石や各自治体での給食への取り組み

白石市でも、1月~学校給食食材放射能測定結果を、
給食センターHPhttp://www.shiroishi-c.myswan.ne.jp/で公開しています。

2月の測定結果はこちらhttp://www.shiroishi-c.myswan.ne.jp/image/12_02.pdf

白石市では、今のところ独自での基準は設けていないようです。
今春からの入学に伴う入学説明会においては、給食に関する説明が行われました。

「現在使用されている食材については、測定もしており安全ではありますが、それでもどうしても不安だと思われる保護者の方がいらっしゃる場合は、お弁当の持参という選択肢も認められます。牛乳だけ停止、ご飯だけ停止、給食すべて停止、ご飯持参、お弁当持参可能です。」
という内容でした。

今までは、全体にこういったアナウンスはなく、個人的な問い合わせに関してのみだったようなので、このようにオープンに周知していただく動きは、とてもよいことだと思います。

どこまでが許容されるか・・・というのは各ご家庭様々だと思います。
横須賀市の市長がおっしゃっていたように、
「厳しい基準を設定して安心感を得る以外に(不安を)払拭する方法が見当たらない。安心感を得られる状況にしたい」
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20111222-OYT8T00529.htm?from=tw

そういった取り組みが各自治体に広がっていくことを願うと共に、親としては、できるだけ安全な食材を子どもに食べさせたい、どこまでが許容範囲なのか難しいところですが、様々な情報を参考にしながら判断していきたいです。

以下、参考までに・・・


福島・須賀川市
給食食材・・・10ベクレル/㎏ 飲料水・・・牛乳、乳製品 5ベクレル/㎏
基準を上回った食材に使用しない方針
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/saigai/gakkou_kyuusyoku.html

北海道・札幌市
検出限値である4ベクレル/㎏以上の値が検出された場合は、念のため学校給食での使用を控えます。
http://www.city.sapporo.jp/kyoiku/top/kyushoku/kennsa.html

静岡県・掛川市
学校給食で実際に提供した1食分を1週間(5日分)ごとにまとめて測定
http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/life/kosodate/shouchu/kyusyokuhousyanou.html

神奈川県・横浜市
1日分食材の放射性物質の測定、月単位で学校へ納入される食材の測定
検出下限値3.0ベクレル/㎏
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/kyu-sokutei/ikkouall.html

神奈川県・横須賀市
月1回3品目ずつサンプリング、提供した1食分を1週間後とにまとめて測定
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8330/kyuushoku/index.html

宮城県・栗原市
検出限界値10ベクレル/㎏未満
http://www.kuriharacity.jp/kuriharacity/contents/emergency/saigai/110311_jisin/m/radioact/1308053016/120206-10_kyusyoku.pdf

白石市農産物放射能測定結果
http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/section/norin/index.html

宮城県内の農林水産物の放射能測定結果
http://www.pref.miyagi.jp/syokushin/nuclear/

0 件のコメント:

コメントを投稿